用語集

モノマー(単量体)/monomer とは

「モノ」とは「一つ」を意味する接頭語(ギリシャ語)です。また、「マー」とは繰り返し単位のことです。要するに、モノマー(monomer)とは単位が一個ということを意味します。また、このモノマーが多く集まり結合するとポリマーになります。

モノマー(monomer)が繰り返されモノマー2つの分子が重合されたとき、二量体またはダイマー(dimer)となります。

同じように、3つの分子が重合されたとき、三量体またはトリマー(trimer)となります。4つの分子が重合されたときは、四量体またはテトラマー(tetramer)、5つの分子が重合されたときは五量体またはペンタマー(pentamer)となります。

そして、最大20程度の分子が重合されたときはオリゴマー(oligomer)となります。

またモノマー(monomer)はポリマーを合成するときに用いる最小単位の分子のことを指します。モノマーを重合反応条件に付すことによって重合が起こり、機能性を持つプラスチックや樹脂などが生み出されます。

単独重合なら最小単位の分子がモノマーとなり、ジカルボン酸とジオールの共重合の場合にはジカルボン酸、ジオールがそれぞれモノマーとなります。

例えば、ポリスチレンであればスチレンがモノマーであり、ラジカル重合やアニオン重合によって合成されているポリマーです。

ポリプロピレンではプロペンがモノマーですが、必ずしもプロペンだけで合成されているとは限らず、エチレンをコモノマーとして共重合させている製品が多くなっています。

ポリエチレンテレフタレートのようにテレフタル酸とエチレングリコールをモノマーとして共重合により製造されている製品もあります。

モノマーは重合によって得られる製品の物性を司る重要な要素です。プラスチックや樹脂の特性はモノマーの種類や組み合わせに加え、重合度や重合比率によって変化することが知られています。

さらに架橋をすることで物性を変化させることもできますが、モノマーの選定がプラスチックや樹脂の性質を決める基盤となっています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-用語集
-, , , , ,

関連記事

lca cfp

ポリアクリルアミド(Polyacrylamides)とは

目次1 ポリアクリルアミドの物性2 市販のポリアクリルアミド製品3 ポリアクリルアミドの用途 ポリアクリルアミドの物性 ポリアシルアミドは、アクリルアミドまたはその誘導体から形成される高分子量の水溶性 …

lca cfp

有機塩素化合物(organochroine compounds)とは

有機塩素化合物(organochroine compounds)とは塩素原子を含有する有機化合物です。最も単純な有機塩素化合物は炭素原子に3つの水素原子と1つの塩素原子が結合した塩化メチル(クロロメタ …

lca cfp

アゴスティック相互作用(agostic interaction)とは

アゴスティック相互作用(agostic interaction)とは遷移金属と配位子のC-H結合の間で形成される三中心二電子結合の一種です。アゴスティック相互作用は中心金属の空のd軌道に対して、C-H …

lca cfp

脂肪族ポリケトン(Aliphatic Polyketones)とは

目次1 脂肪族ポリケトンの物性2 脂肪族ポリケトンの市販品3 脂肪族ポリケトンの用途 脂肪族ポリケトンの物性 脂肪族ポリケトンコポリマーは、多くの魅力的でユニークな特性を備えた比較的新しいクラスのポリ …

lca cfp

熱可塑性樹脂 とは

樹脂・プラスチックは、「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」に大枠で分けられます。 樹脂・プラスチックは常温では硬く、熱を加えると柔らかくなります。またこれを冷やすとそのままの形状で硬化しますが、さらにも …