化学用語 用語集

グラフトポリマー(graft polymer)とは

グラフトポリマー(graft polymer)とはグラフト重合によって合成された分岐構造を持つポリマーです。グラフト(graft)とは接ぎ木の意味で、ポリマーに成長末端とは異なる反応点を作り出して、接ぎ木をするようにして新しいポリマー鎖を伸長させるのがグラフト重合です。

グラフト重合には連鎖移動法、酸化法、セリウム塩法、放射線照射法などの様々な手法があります。共通しているのはポリマーがもともと持っていなかった反応点を新たに発生させる、またはポリマー合成時に反応しない官能基を使用することによって自由に新しいポリマー鎖を接続できることです。同じポリマーを使用して、違うモノマーでグラフト重合をすれば異なるグラフトポリマーを得られます。もともとのポリマーと新たなポリマー鎖の特徴を併せ持つポリマーを効率的に開発できるのが特徴です。 

グラフトポリマーとしてアクリルポリマーがよく用いられています。シリコンと組み合わせて撥水性を付与する、ウレタンを組み合わせて密着性を高めるなどといったさまざまなアプローチで各社がグラフトポリマーを開発しています。グラフトポリマーはマクロモノマーと低分子モノマーによる合成技術も生み出されていて、技術競争が激しい分野です。 

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 用語集
-

関連記事

lca cfp

アセタール(acetal)・ケタール(ketal)とは

アセタール(acetal)・ケタール(ketal)とは、1つの炭素原子に二つのエーテル結合が存在する化合物です。一般的にはアルデヒドまたはケトンとアルコールの縮合反応によって合成されます。アルコールと …

lca cfp

重合度(degree of polymerization)とは

重合度(degree of polymerization)とは高分子を構成するモノマー単位の数を指します。モノマーAを単独重合させてAAA…Aという高分子を合成した場合にはAの数が重合度です。モノマー …

lca cfp

SS(Steel Structure)

鉄板のことを指します。元々JISの記号からきた通称。

lca cfp

プライマー(Primer)

プライマー(Primer)とは、下塗り塗料を指す言葉。被塗装物に対して塗料の接着強度を高める目的で使用します。 プライマーは、接着促進剤または化学架橋とも呼ばれ、基材と被着体の接着層として機能し、接着 …

lca cfp

架橋剤(crosslinking agent)とは

架橋剤(crosslinking agent)とはポリマー同士またはポリマー内で化学的に結合させるための物質です。高分子合成では重合反応によってポリマーを合成した後、架橋することによって物理的性質や化 …