樹脂プラスチック材料協会

製造技術・設計技術・エンジニア・購買・開発営業のための「樹脂プラスチック情報プラットフォーム」

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」
     

射出成形の用語 用語集

【射出成形】シルバーストリークの不良原因と対策

シルバーストリーク(Silver streaks)とは

シルバーストリークは、成形品の表面に湿気、空気、または炭化したプラスチック粒子が飛び散って現れるもので、ゲートの位置から広がるように不具合が発生します。

シルバーストリーク(Silver streaks)の主な不良原因

水分による原因

プラスチック材料ペレット内にはある程度の水分を吸収しています。成形前に材料が適切に乾燥されていない場合、樹脂に存在する水分は、射出プロセス中に蒸気に変わり、成形部品の表面に広がります。

空気 による原因

可塑化している最中に、一定量のガスがトラップされ、溶融材料に混合されます。射出プロセス中に空気が逃げない場合、成形部品の表面に広がる可能性があります。

劣化した(炭化した)プラスチック粒子による原因

劣化した(炭化した)プラスチック粒子が成形部品の表面に広がる発生原因は複数あります。

材料の汚染   
2つの材料素材を連続して成形する場合、1つの材料から別の材料に切り替えるときに、2番目の材料をより高い温度で成形すると、バレルに残った残留粒子が焦げることがあります。さらに、汚染された部品やリグラインドは、成形部品の次のバッチで新しい材料を再汚染します。

 バレル温度   
不適切なバレル温度設定は、ポリマー分子を劣化させる可能性があり、炭化し不具合を発生させます。

 ショット量   
ショットサイズがマシンインジェクションキャパシティの20%未満の場合、そして特に温度に敏感な材料の場合、溶融樹脂はバレル内に長く留まり、劣化してしまいます。

シルバーストリーク(Silver streaks)の不良対策

素材を慎重に取り扱う

樹脂メーカーのガイドラインに従って、成形前に材料を適切に乾燥させます。

金型設計を変更する

スプルー、ランナー、およびゲートを拡大します。制限されたスプルー、ランナー、ゲート、または部品設計でさえも、すでに過熱した材料を悪化させる過度のせん断加熱を引き起こし、材料の劣化を引き起こす可能性があります。

また、適切な通気寸法を確認してください。 推奨される通気サイズは、結晶性ポリマーの場合0.025 mm(0.001インチ)、非結晶ポリマーの場合0.038 mm(0.0015インチ)です。

成形条件の調整

この場合の予防措置は、プロセス中に材料が劣化するのを防ぎます。

特定の金型に適した射出成形機のサイズを決めます。一般的なショットサイズは、マシンの射出能力の20〜80%である必要があります。温度に敏感な材料の場合、材料に応じて範囲を絞り込む必要があります。プラスチックシミュレーションソフトウェアは、特定の金型に適したサイズの射出成形機を選択するのに役立ちます。これにより、加熱バレル内での樹脂の滞留時間が長くなるのを防ぐことができます。

また、材料を他の材料に切り替えて射出する場合、バレルから古い材料を完全にパージします。残された古い材料粒子は炭化する可能性があります。

背圧を上げます。これにより、溶融材料に混入する空気を最小限に抑えることができます。

通気システムを改善します。空気と蒸気を簡単に逃がすことが重要です。

溶融温度、射出圧力、または射出速度を下げます。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  







-射出成形の用語, 用語集
-, ,

関連記事

用語集

キャスト板(注型板)とは

MMAの製造方法には、キャスト法(注型法)と押出法があります。キャスト法(注型法)を用いて製造するキャスト板(注型板)は、ガラスのあて板の間にMMAモノマーを流し込み栓をして、一定期間重合によって硬化 …

用語集

ポリアミド(POLYAMIDES)とは-ポリラクタム/ポリフタルアミド/ポリアラミド

目次1 物性2 商業用ポリアミド3 用途 物性 ポリアミド(PA)は、二酸とジアミンの反応、またはラクタムの開環重合によって生成されます。それらは、脂肪族、半芳香族、または完全に芳香族の熱可塑性プラス …

用語集

アクリロニトリル共重合体(Acrylonitrile Copolymers)とは

目次1 アクリロニトリル共重合体の物性1.1 ポリ(スチレン-co-アクリロニトリル)(SAN)1.2 ポリ(アクリロニトリル-co-ブタジエン-co-スチレン)(ABS)1.3 アクリレート-スチレ …

用語集

熱可塑性樹脂 とは

樹脂・プラスチックは、「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」に大枠で分けられます。 樹脂・プラスチックは常温では硬く、熱を加えると柔らかくなります。またこれを冷やすとそのままの形状で硬化しますが、さらにも …

用語集

ポリアリールエーテルケトン(POLYARYLETHERKETONES / PAEK)

目次1 物性2 市販のポリエーテルケトン3 用途 物性 ポリアリールエーテルケトン(POLYARYLETHERKETONES / PAEK)は、広い温度範囲にわたって熱安定性、耐薬品性、優れた機械的特 …