樹脂プラスチック材料協会

製造技術・設計技術・エンジニア・購買・開発営業のための【樹脂・プラスチック素材選定】情報サイト

     

用語集

摺動性を評価するための【PV値】とは?

PV値とは、プラスチック摺動部品の摺動性を評価テストする値として存在します。材料の摩擦が主に荷重とすべり速度に依存することから、その材料の使用できる限界値を限界PV値と言います。
たとえば、ポリカーボネート(PC)の限界PV値は、V=60cm/secのとき、PV値は240とすると、加えることができる圧力は、P=240/60=4kg/㎠となります。

各種プラスチック材料 PV値

プラスチック材料品種PV値
(kg/㎠xm/min)
ポリ4フッ化エチレン(PTFE)ナチュラル60
ガラス繊維入り420
ポリアセタール(POM)ナチュラル600~3600
ガラス繊維入り5100~9300
フッ素樹脂入り900~2200
ポリアミド(PA)ナチュラル260~7600
ガラス繊維入り760~7620
ポリカーボネート(PC)ナチュラル120~1200
フッ素樹脂入り360~1800
ポリブチレンテレフタレート(PBT)含油300~600
ポリフェニレンオキシド 含油400~1000
フェノール樹脂(PF)含油600~1500
このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  







-用語集
-

関連記事

結晶性樹脂プラスチック とは

樹脂・プラスチックは、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の2種類に分けられます。さらに、固体化しても加熱すれば形状を変形させられる熱可塑性樹脂については、結晶性樹脂と非晶性樹脂の2種類に分けれらます。 結晶性 …

オレフィン樹脂 とは

オレフィン樹脂とは、プラスチック樹脂の中でエチレン、プロピレンなどの単独重合体、または、共重合体の樹脂のことを指します。オレフィンはアルケンとも呼ばれます。 またオレフィン樹脂は、炭化水素において二重 …

加水分解 とは

加水分解とは、反応物が水に反応して起こる分解反応です。 このとき水分子 (H2O) は、生成物の上で H(プロトン成分)と OH(水酸化物成分)に分かれて分解生成物の中に入ります。反応形式に沿って分類 …

FRP(繊維強化プラスチック)とは

FRP(Fiber Reinforced Plastics)とは、樹脂プラスチックにガラスなどの繊維を混合させ、強度をアップさせた複合材料です。繊維強化プラスチックとも呼ばれます。 FRPの特徴に関し …

非結晶性樹脂プラスチック とは

樹脂・プラスチックには、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の2種類が存在します。また、熱硬化性樹脂に関しては、結晶性樹脂と非結晶性樹脂の2種類に分類されます。 非結晶性樹脂とは、ガラス転移点のみが存在します。 …