ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」
     

原料・素材・材料

ポリ塩化ビニル(塩ビ/PVC)素材の特徴や用途・劣化・耐熱・接着剤・燃焼・加工・構造式・硬質と軟質の違い

ポリ塩化ビニル(PVC)の歴史

ポリ塩化ビニル(Polyvinyl Chloride/PVC)は、1927年に米国のユニオンカーバイド (Union Carbide Corporation) が初めて工業に取り入れました。1930年頃にはポリ塩化ビニルは多く製造され、日本では1941年にパイロット版として生産がスタートしました。その後1945年までには300トン程度ものポリ塩化ビニルが製造されました。1950年頃には米国からのテクノロジー導入があり、クオリティと数量がかなりアップしました。1969年には100万トンになり、その後200万トンを超えた段階で日本は米国の次に生産数量が多い国となりました。

ポリ塩化ビニル(PVC)の構造式


※画像出典:wikipedia

ポリ塩化ビニル(PVC)の製造方法

塩化ビニルは、昔には塩化水素とアセチレンを化学反応させて製造を行っていましたが、今では塩化水素、エチレン、酸素を化学反応させるオキシクロリネーション法と、塩素、エチレンを化学反応させる直接塩素化法をもちいて二塩化エチレンを製造し、その後高温熱分解を行い製造する流れが主になっています。ポリ塩化ビニルは、塩化ビニルを懸濁重合してつくりますが、一部塊状重合法も行われています。ミクロ懸濁重合法や乳化重合によってつくられる平均粒径1μ程度のペースト材料もつくられています。

ポリ塩化ビニル(PVC)の特長

  • 可塑剤を使用した軟質から硬質まで幅広い領域の製品がつくれます。硬い製品にした場合、タフネスであり難燃性を有します。
  • 透明性、耐候性、耐酸性、耐アルカリ性、耐水性に優れています。
  • 熱安定剤を投入して、押出し、インジェクション、カレンダー、ブロー成形、ペースト加工等のワイドな成形領域を持ちます。


ポリ塩化ビニル(PVC)の成形加工条件

押出ダイ温度

軟質160~190℃ 硬質170~200℃

カレンダー加工

軟質140~170℃ 硬質160~180℃

ポリ塩化ビニル(PVC)のメイン用途

硬質

パイプ 平板 波板 滑り台 デッキ材 レコード 窓枠 食品包装 電話器具 

軟質

レザー タイル 工業用フィルム 農業用フィルム ストレッチフィルム ホース ガスケット

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  







-原料・素材・材料
-, , ,

関連記事

用語集

樹脂・プラスチックを種類別に探す

元となる合成樹脂の種類には、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の2種類があります。それぞれは特徴を持った樹脂であり、樹脂製品が使用される用途や環境に合った選定が可能です。 目次1 ①【熱可塑性樹脂】1.1 汎 …

用語集

プラスチックの原料と製法種類

樹脂・プラスチックは、石油・天然ガスを原料とする合成(有機)高分子化合物です。また、樹脂・プラスチックの態様は石油化学工業の領域・種類に入ります。また、石油化学工業とは、石油や天然ガスに含まれる炭化水 …

用語集

ポリエステル(POLYESTERS)とは

目次1 ポリエステルの物性2 市販のポリエステル製品3 ポリエステルの用途 ポリエステルの物性 ポリエステルは、水の除去を伴う二酸または酸無水物とジオールの反応から、または環状(ジ)エステルの開環重合 …

用語集

ポリサルフォン(Poly arylether-aryl sulfone/PSF)とは

目次1 ポリサルフォン(PSF)の歴史2 物性3 合成4 ポリサルフォン(PSF)の構造式5 市販のポリサルフォン6 ポリサルフォン(PSF)の製造方法7 ポリサルフォン(PSF)の特長8 ポリサルフ …

ABS樹脂ペレット(ABS Pellet)の製造・販売メーカーを選ぶ

目次1 ABS樹脂ペレットとは2 テクノUMG株式会社(旧テクノポリマー株式会社)「テクノABS」「テクノMUH」3 旭化成株式会社 「スタイラック」4 デンカ株式会社 「デンカABS」「デンカ耐熱A …