樹脂プラスチック材料協会

製造技術・設計技術・エンジニア・購買・開発営業のための「樹脂プラスチック情報プラットフォーム」

     

化学用語 用語集

エステル化(Esterification)とは

エステル化(Esterification)

エステル化(Esterification)とはカルボン酸をエステルに変換する化学反応です。狭義ではカルボン酸とアルコールから直接エステルを合成する方法を指しますが、広義では酸無水物や酸ハロゲン化物などを経てエステルを合成する方法や、アルコールではなくハロゲン化アルキルを用いる求核置換反応でのエステル合成法も含みます。

狭義のエステル化(Esterification)では酸触媒を用いて縮合をするのが一般的な方法で、最も古くから行われているのは硫酸などの強いプロトン酸を使用する方法です。

酸触媒によるエステル化(Esterification)は可逆反応で、エステル化(Esterification)によって生成した水により生成物のエステルが加水分解を受けてカルボン酸とアルコールに戻ることも知られています。

そのため、高い変換率を達成する目的で脱水剤を添加したり、蒸留による水の除去が行われたりすることも少なくありません。また、プロトン酸以外にもルイス酸を使用したり、固体酸を用いたりする方法も応用されています。

狭義のエステル化(Esterification)はポリマー合成にもよく用いられています。カルボキシル基と水酸基を持つ分子の単独重合にも使われていますが、より一般的なのはPETの合成のようにジカルボン酸とジオールのエステル重合です。

環境中での分解性が優れている場合もあるため、生分解性プラスチックの合成でも注目されています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  







-化学用語, 用語集
-, ,

関連記事

用語集

脆化(ぜいか)温度-brittle(ness) temperature/brittle pointとは

脆化(ぜいか)温度[brittle(ness) temperature / brittle point]とは、脆化点ともいわれ、一般的にプラスチックを低温環境にさらし、脆性破壊が起こる限界温度のことを …

用語集

非結晶性樹脂プラスチック とは

樹脂・プラスチックには、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の2種類が存在します。また、熱硬化性樹脂に関しては、結晶性樹脂と非結晶性樹脂の2種類に分類されます。 非結晶性樹脂とは、ガラス転移点のみが存在します。 …

用語集

【射出成形】反り(そり)の不良原因と改善対策

射出成形の反り(warpage)不良とは、冷却プロセスのある要件を原因として、成形品の形状が不良変形してしまうことです。金型の反りにより、成形品が折り曲げられたり、曲がったり、ねじれたりするなどの不良 …

用語集

廃プラスチック とは

目次1 中国が輸入禁止する廃プラスチック2 一般廃プラスチック と 産業廃プラスチック2.1 一般廃プラスチックとは2.2 産業廃プラスチックとは3 プラスチック生産量 と 廃プラスチック排出量 と …

用語集

比強度とは?樹脂とFRP・アルミ・硬鋼・木材との比較

比強度とは、材料の強さをその比重で割り算したものです。 比強度 = 材料の強さ ÷ 比重 よって、比強度は同じ質量の相似形につくられた物体の強度の比較値です。また、材料の強さは、引張り強さが使われるケ …