化学用語 環境・サステナビリティ 用語集

光化学反応(photochemical reaction)とは

光化学反応(photochemical reaction)とは物質に光を照射することによって引き起こされる化学反応です。物質はさまざまな波長の光を吸収して励起される性質を持っています。光の波長によって吸収できるかどうかには違いがあり、分子の持つ官能基や構造によって吸収波長の特性が異なります。励起波長を吸収すると励起が起こり、熱反応では起こらない特徴的な反応が引き起こされます。熱輻射によって励起状態から基底状態に戻ることも多いですが、酸化還元反応や異性化反応、分解反応などが起こると多様な反応の起点になります。 

光化学反応として典型的なのはホモリシスやヘテロリシスです。光の吸収によって高エネルギーの励起状態になり、炭素-塩素結合や炭素-臭素結合、酸素-酸素結合などの結合エネルギーが低い結合が切断されてラジカル種が生じる反応が起こります。

ラジカル種が他の分子と反応して、新たなラジカルを生じるプロセスによってラジカル連鎖反応が進みます。ポリマー合成ではラジカル重合でよく用いられている手法で、適切な波長の光を照射することで反応を開始することができます。他にも光化学反応は熱的反応とは異なる電子環状反応を促進するなど、さまざまな用途で活用されています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-化学用語, 環境・サステナビリティ, 用語集
-,

関連記事

lca cfp

シリコン樹脂(SI樹脂/Silicon/ケイ素樹脂)とは

シリコン樹脂(SI樹脂、ケイ素樹脂)とはオルガノポリシロキサン骨格を持つケイ素(Si)ベースの合成樹脂です。シリコンと酸素の強い結合を利用して製造されている樹脂で、シリコン製品に使用されている基本的な …

lca cfp

エマルジョン(emulsion)とは

エマルジョン(emulsion)とは油性物質が水の中に分散している状態、または水が油の中に分散している状態です。乳濁液とも呼ばれる状態で、エマルジョンを発生させることを乳化、乳化させるために添加する物 …

lca cfp

共重合(copolymerization)とは

共重合(copolymerization) 共重合(copolymerization)とは複数のモノマーを重合させてポリマーを合成する方法です。よく行われているのは二種類のモノマーを重合させる方法です …

lca cfp

配位子(ligand)とは

配位子(ligand)とは金属錯体の中心金属に対して配位結合している化合物です。金属イオンはさまざまな配位子による配位を受けて安定化されています。配位子はルイス酸性を持っていて空のp軌道やd軌道を持つ …

lca cfp

リビング重合(living polymerization)とは

リビング重合(living polymerization)とは活性種が反応系において安定に存在する重合反応です。リビング重合出ない場合には活性種が反応系で停止反応を受けてしまい、自然に重合反応が止まり …