原料・素材・材料

ポリ塩化ビニリデン(PVDC)の特徴や用途・融点・構造式・ダイオキシンと燃焼と安全性について

ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の歴史

ポリ塩化ビニリデン(Polyvinylidene Chlorde/PVdC)は、1838年に塩化ビニルを発見したRegnaultが同じく発見しました。その後1916年にOstromuislenskyは、塩化ビニリデンが光により重合結合して、たくさんの溶剤に対して溶けないことを発表しています。1940年になって、Dow Chemicalh社が「サラン」という名称の商品を販売しました。そのサランとは塩化ビニルと共重合体からなる合成繊維のことです。日本では1950年に呉羽化学工業が「クレハロン」という名称で商品販売を開始し、当時の旭ダウが「サランレンジ」の生産を開始しました。

ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の構造式


※w画像出典:wikipedia

ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の製造方法

ジクロロエチレン(CH2=CCl2)を重合することでポリ塩化ビニリデン(Polyvinylidene Chlorde/PVdC)は製造できます。但し、ランプフィルムは塩化ビニルとの共重合体になります。

ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の特長

ポリ塩化ビニリデン(Polyvinylidene Chlorde/PVdC)は、単独重合体だけではなく、塩化ビニル、アクリロニトリル等と共重合して使用されます。よって、溶解性や軟化温度などはその共重合比率によって異なります。
ただ、一般的には以下の通りです。

  • フィルムにしたとき気体透過性が低いです。また耐熱性に優れています。
  • 熱安定性が良好です。また、難燃性もあります。
  • 耐湿性、耐水性に優れています。
  • 耐候性、耐薬品性に優れています。


ポリ塩化ビニリデン(PVdC)の成形加工条件

射出成形

成型温度:150~205℃、 成形圧力:34.3~206MPa

ポリ塩化ビニリデン(PVdC)のメイン用途

ポリ塩化ビニリデン(Polyvinylidene Chlorde/PVdC)で一番メジャーな用途として、ラップフィルムや食品包装フィルムがあります。また、自動車シートや人工芝、容器、漁網、防虫網などに使用されています。また、コーティングをすればガスバリヤー性も付与することができます。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-原料・素材・材料
-, ,

関連記事

PMMA Pellet(アクリル原料ペレット)の製品物性表と製造販売メーカーを探す

目次1 PMMA Pellet(アクリル原料ペレット)とは2 三菱ケミカル株式会社 「アクリペレット」3 株式会社クラレ 「パラペット」4 住友化学株式会社5 旭化成株式会社 「デルペット」 PMMA …

lca cfp

ポリ塩化ビニル(塩ビ/PVC)素材の特徴や用途・劣化・耐熱・接着剤・燃焼・加工・構造式・硬質と軟質の違い

目次1 ポリ塩化ビニル(PVC)の歴史2 ポリ塩化ビニル(PVC)の構造式3 ポリ塩化ビニル(PVC)の製造方法4 ポリ塩化ビニル(PVC)の特長5 ポリ塩化ビニル(PVC)の成形加工条件6 ポリ塩化 …

PC/ABS樹脂原料ペレット(PC/ABS Pellet)のメーカーを探す

目次1 出光興産株式会社 – タフロン アロイ系 PC/ABS2 帝人株式会社 – PC/ABS系、PC/AS系ポリマーアロイ「マルチロン®」3 ダイセルミライズ株式会社 &# …

lca cfp

樹脂・プラスチックを種類別に探す

元となる合成樹脂の種類には、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の2種類があります。それぞれは特徴を持った樹脂であり、樹脂製品が使用される用途や環境に合った選定が可能です。 目次1 ①【熱可塑性樹脂】2 ②【熱 …

lca cfp

ポリスチレン(Polystyrene/PS)とは

目次1 ポリスチレン(PS)の歴史2 ポリスチレン(PS)の構造式3 ポリスチレン(PS)の製造方法4 ポリスチレン(PS)の特長5 ポリスチレン(PS)のメイン用途 ポリスチレン(PS)の歴史 ポリ …