原料・素材・材料

ジアリルフタレート樹脂(Polydiallyphthalate/PDAP)とは

ジアリルフタレート樹脂(PDAP)の歴史

ジアリルフタレート樹脂(PDAP)とは、揮発物が発生しない電気的特性に優れた熱硬化性樹脂です。T.F.Bradelyが1939年にジアリルフタレート樹脂を発見した後、1946年にW.Simpsonがジアリルフタレート樹脂についての重合反応の研究開発を行い工業用B-ポリマーを発見しました。ジアリルフタレート樹脂は、当時Shell Chemical社が発表した通り電気的特性に優れており成形材料として使用されてきました。1950年前半になるとMIL規格品にも指定されました。日本では、1960年頃にプレポリマーを輸入し不動化学工業社などが成形材料販売を行っていました。


ジアリルフタレート樹脂(PDAP)の製造方法

ジアリルフタレート樹脂は、始めにジアリルフタレートモノマーと有機過酸化物(ベンゾイルパーオキサイドなど)を塊状重合させ、その重合数値が約20%から30%になったときアルコールを多く添加させます。その後オルソと呼ばれる市販プレポリマーを分離沈殿させて、有機過酸化物触媒でラジカル重合しジアリルフタレート樹脂が製造できます。ちなみに、プレポリマー自体は白い粉末状のもので、分子量は約1万〜2万5千ぐらいです。


ジアリルフタレート樹脂(PDAP)の特長

  • 電気的特性である絶縁性と寸法安定性が優れており、最も特徴的です。
  • 耐水性・耐熱性・耐薬品性特性に優れています。
  • 注型またはFRP成形材料で成形します。


ジアリルフタレート樹脂(PDAP)の成形加工条件

成形温度

150〜170℃が一般的です。

成形圧力

2〜19.6MPa

成形硬化時間

1min/厚さ1mm


ジアリルフタレート樹脂(PDAP)のメイン用途

ジアリルフタレート樹脂は、電気的特性に優れている点が特徴的なため、電気部品のコネクターやスイッチ、コイル、プラグカバー等に使用されています。また、信号機やタンク、化粧板、システムキッチン、UVインキなどの用途にも使われています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  

-原料・素材・材料
-,

関連記事

lca cfp

フッ素樹脂(Fluorocarbon Resin)とは

目次1 フッ素樹脂(Fluorocarbon Resin)の歴史2 フッ素樹脂(Fluorocarbon Resin)の構造式3 フッ素樹脂(Fluorocarbon Resin)の製造方法4 フッ素 …

lca cfp

ポリスチレン(Polystyrene/PS)とは

目次1 ポリスチレン(PS)の歴史2 ポリスチレン(PS)の構造式3 ポリスチレン(PS)の製造方法4 ポリスチレン(PS)の特長5 ポリスチレン(PS)のメイン用途 ポリスチレン(PS)の歴史 ポリ …

ポリエチレンフィルム(PE Film)の製造・販売メーカーと製品を選ぶ

目次1 ポリエチレンフィルム(Polyethylene Film)とは2 太洋プラスチックス株式会社3 三共ポリエチレン株式会社4 日進化学株式会社5 和弘プラスチック工業株式会社6 三陽化成株式会社 …

lca cfp

セロファンフィルム(CELLOPHANE FILM)または再生セルロース(REGENERATED CELLULOSE)とは

目次1 セロファンフィルム(CELLOPHANE FILM)または再生セルロース(REGENERATED CELLULOSE)の物性2 セロファンフィルム(CELLOPHANE FILM)または再生セ …

lca cfp

エポキシ樹脂(Epoxy Resin/EP)とは

目次1 エポキシ樹脂(EP)の歴史2 エポキシ樹脂(EP)の構造式3 エポキシ樹脂(EP)の製造方法4 エポキシ樹脂(EP)の特長5 エポキシ樹脂(EP)の成形加工条件6 エポキシ樹脂(EP)のメイン …