樹脂プラスチック材料協会

製造技術・設計技術・エンジニア・購買・開発営業のための「樹脂プラスチック情報プラットフォーム」

     

原料・素材・材料

酢酸セルロース(Cellulose Acetate/CA)とは

今までの歴史

酢酸セルロース(Cellulose Acetate/CA)とは、アセチルセルロースともいわれており、ドイツのP.Schutzenbergerが1865年につくり出しました。その後、1905年にドイツのBayer社で写真フィルムベースの生産が始められました。1923年には、Courtards社がアセテート繊維を製造しました。同年以降は、世界各社で成形材料の製造が開始されました。日本では、1932年に日本合成化学、1935年に日本窒素肥料、1939年にはダイセルによって製造開始されました。その他に帝人なども製造を開始しました。

製造方法

セルロースと酢酸を合わせて酢酸セルロースを製造します。また、酢酸セルロースの分類として、三酢酸セルロースや二酢酸セルロースがあります。

特長

  • 耐油性、耐ガソリン性に優れています。
  • 耐候性、対衝撃性が良好です。
  • クリアであり外観性が良好です。
  • 吸湿性が大きく、帯電率が低く、接触感が良い。
  • 加工性、接着性、染色性、塗装性が良く、二次加工がししやすい。


成形加工条件

射出成形

成形温度:170〜255℃、 60〜196MPa

メイン用途

車載関係部材では、ハンドルやつまみ、ノブに使用されており、シート・フィルム類では、産業用フィルムや包装に使用されています。また、工具のドライバーの柄やハンマーヘッド、ボタン、ブローチ、スパンコール、クシ、歯ブラシの柄、ヘヤブラシの柄、バックルなどの用途に使用されています。

このページに掲載されている企業・商品・材料等情報は、当協会が各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載を行っております。情報を精査し正しい情報掲載をしておりますが、当協会がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、お問合せフォームよりご連絡ください)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当協会は一切の責任を負わないものとします。当協会は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。  







-原料・素材・材料
-,

関連記事

用語集

ポリサルフォン(Poly arylether-aryl sulfone/PSF)とは

目次1 ポリサルフォン(PSF)の歴史2 物性3 合成4 ポリサルフォン(PSF)の構造式5 市販のポリサルフォン6 ポリサルフォン(PSF)の製造方法7 ポリサルフォン(PSF)の特長8 ポリサルフ …

用語集

低密度ポリエチレン(LDPE)の用途(袋)や特徴・加工・成形・耐熱性・融点・高密度ポリエチレンとの違い

目次1 低密度ポリエチレン(Low Density Polyethylene/LDPE)とは2 低密度ポリエチレン(Low Density Polyethylene/LDPE)の歴史3 低密度ポリエチ …

用語集

エポキシ樹脂(Epoxy Resin/EP)とは

目次1 エポキシ樹脂(EP)の歴史2 エポキシ樹脂(EP)の構造式3 エポキシ樹脂(EP)の製造方法4 エポキシ樹脂(EP)の特長5 エポキシ樹脂(EP)の成形加工条件6 エポキシ樹脂(EP)のメイン …

用語集

ポリアリルサルフォン(Polyarylsulfone/PASF)とは

ポリアリルサルフォン(Polyarylsulfone/PASF)とは、非結晶性樹脂の1つで、外観は透明感のある琥珀色のプラスチック樹脂です。ポリアリルサルフォンを食品関係で使用する際、お酢、アルコール …

AS・SAN Pellet(アクリロニトリル・スチレン共重合原料ペレット)の製品物性表と製造販売メーカーを探す

目次1 アクリロニトリル・スチレン共重合原料ペレット(AS SAN Pellet)とは?2 アクリロニトリル・スチレン共重合原料ペレット(AS SAN Pellet)の製品物性表と製造販売メーカーを探 …